週末に朝4時集合で遠征に行った息子のお弁当。
朝ごはんに、サンドウィッチ。
お昼に、いなり寿司。



おいなりさん弁当は、なんと完食してあってびっくり!
こんなに食べれるようになったんだなぁとしみじみしてしまいました。


娘のクラスに、早産で生まれたことで障害がある子がいるのですが、その子のお母さんが卒業文集への一言欄に(親から子供へ一言書く欄が設けられているのです)
「毎日が奇跡です」と書いてあって、あぁ、本当に生まれてきてくれて、成長してくれているだけで感謝なのだなぁとしんみりしました。

子供から学ぶことはたくさんあります。
そして、子供に伝えたいこともたくさん。

まだ10歳なのに、月に数回の遠征へ行って鍛えられている息子ですが、そんな時に「無事に帰ってきますように」の想いと「頑張れ」の想いをたくさんつめてお弁当を作ります。
コンビニでももちろんいいんだけれど、やっぱり私はできる限り作りたいと思うのです。
なので、朝4時集合でも3時に起きてキッチンに立つのです。

それが、今日の私ができる精一杯。


-------------------------

今できる精一杯に関連してもう一つ。

息子の4年生のクラスで「タイムカプセル企画」がありました。
大きな茶封筒に、入れたいものいれてくださーい。
成人式近辺で、小学校に集まりましょう、というもの。
(先生が出してくれる予定の、お知らせのハガキも入ってます。消費税が10%に上がるから55円切手を貼れと息子がうるさかった。。。ので、82円切手貼ってやりました。笑)

担任の先生が先にたってやってくれたようで、息子のクラスだけの企画です。

20歳の息子に、何をプレゼントしてあげられるかな?
と考えた時に、10歳の息子に関わってくれている人、支えてくれている人たちから20歳の息子にメッセージをもらおう!と思いました。
10歳の息子は、たくさんの人に愛されて、見守られて育っています。
それを20歳の息子にたくさん感じて欲しいな、もしも忘れていたら思い出して欲しいな、と思ったのです。

便箋と封筒を大量に買ってきて、おじーちゃん、おばーちゃんをはじめ、うちの妹や剣道の先生、剣道のお仲間、そのお母さん達やクラスのお友達、その家族にも書いてもらいました。

もちろん、私や夫、おねーちゃんからも。

愛されて育った自信は、生きていく上で何よりの力になるかな、と思うのです。

そしたら、娘の分もやらないわけにはいかないよねー!(笑)
と、娘の分も、息子のタイプカプセルに仕込みました♪

もちろん、この手紙のことは、本人達はまったく知らず。
(娘は、弟宛てに手紙は書いたけれど、まさか自分宛てのがあるとは思っていない)

たっぷり分厚くなった封筒を、タイムカプセルとして先生に預けました。
20歳の息子と、22歳の娘が、無事に手にしますように!!

今の私ができる精一杯。
今日も後悔ないように、生きていきたいと思います。

 

読んだよー!でクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村





手作り作品販売中。オーダーおやすみ中。






トラコミュ
すっきり暮らす