先日行った安曇野ちひろ美術館で、今回は絵本作家さんが先生のワークショップに行ってきました。

「手から手へ展」出展作家によるワークショップⅠきてきての木

こんな手を使ったおもしろ動物をつくります。


実は、先日の無料開放デーにちひろ美術館に行った時、息子が無料ドリンクの抽選で「無料招待券」を2枚ゲットしてくれちゃったのです。(無料ずくし。。。苦笑)
なので、この日も実質無料で楽しんできてしまいました。

先生となってくれた絵本作家さんは、早川純子さん(★サイト)、坂田季代子さん(★サイト)、山福朱実さん(★サイト)でした。

まずは、3名の絵本作家さんの自己紹介と共に、作り方の説明を聞きます。
みんな真剣!(笑)



先生に迫る勢いですよ。
「手」の形を使った作品なのだけれどね、8歳娘は理解できても、6歳アホたれ男子はそうもいきません。
最初は、子供達だけ置いて、私は展示が見られるかな?と思ったけど、無理むり。
結局、手伝うはめに。。。

ただ、OHP(懐かしい!!)を使って、綺麗な色の影を見たりすると、子供達の創作意欲もテンションも一気にアップ!
娘は、1つの作品をじっくりじっくり。
息子は、質より量な作品を大量制作。



そして、初めましての先生やお友達と一緒になって遊ぶひとときも楽しいね〜
(この時は、お話を作りながら自己紹介をしてました)


みんなの作品を集合させて完成した「きてきての木」



すごい!結構な迫力になってビックリです。

一緒に手を動かしたり、作品を褒めてもらったり、
外は土砂降りの雨だったけど、心は晴れやかになったんじゃないかなー?

私は昔からこういう図工だとか工作だとかがいまいち得意じゃないので、こういうワークショップに参加することで子供達にいい刺激になればいいなーと思います。



読んだよー!でクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村





手作り作品販売中。オーダーおやすみ中。






トラコミュ
すっきり暮らす