週末は、娘と2人、名古屋へ行っていました。

最近、どこへ行くにも持ってます。

さて、本日の第一目的地は、揚輝荘。
名古屋に行くに辺り、戦国関連の観光すると夫と息子がムキー!となりそうだったので(ズルい!ってね)私と娘だけが好きなものは、明治から昭和初期にかけての洋館なので、その辺を巡ることに。

こちらは、松坂屋の初代社長伊藤次郎左衛門祐民さんの迎賓館を兼ねた別荘。
今でこそ、土地は縮小していますが、当時はそれはそれは広大な土地を所有していたようです。
 
揚輝荘の中の聴松閣。



こちら、外の車寄せの天井。
もうね、全ての部品に細かなこだわりがあって、感動です。
数年前に修復したそうですが、修復した職人さんも大変そう。 



床もこんなに凝ってる。
凝ってる=お金がかかってるってことなので、ほぇーとアホ見たく口を開けて驚くしかありませんでした。(笑) 


他にも驚くべきポイントが、ものすごーくたくさんあったのですが、是非、見に行ってみてくださいっ。ミステリーに包まれたままのものなんかもあったりして、ちょっとゾクゾクします♪

ちょっと趣味悪いですが、関連記事。


お次は 文化のみち二葉館
 
こちらは、福沢諭吉の次女のお婿さん、福沢桃介が、日本の女優第一号と言われる川上貞奴さんと5年ほど住んだお家。
事業パートナーとされていますが、愛人じゃん・・・と思わなくもないですが、そんなこと一切書いておりませぬ。
そういう時代だったってことかしら?
 



豪華豪華なステンドグラス。
すごいなぁ。 


福沢桃介は、電力王と言われただけあって、この二葉館は迎賓館という役割と共に、電気を生活に取り入れる素晴らしさを謳う館でもあったので、館内きちんと電気が配線されていたようです。 


関連リンク
福沢桃介記念館
川上貞奴(wiki)

いやー人に歴史有り。
面白かったなぁ。
調べてみたら、名古屋には大正時代の洋館もまだまだあるようで。
次回のお楽しみにします。

ホテルに帰って、洋館パンフレットを見ながらマイクラに反映させている娘。



この旅の目的は、2日目の娘の大会出場だったので、2日目は体育館にこもりきり。
でも、その後、 お目当てのお店で、お目当ての味噌カツも無事食べました!
ボリュームたっぷりで美味しかった〜♪ 


もちろん、ハイボールと共に。



味噌カツ矢場トン

夜はヘトヘトになって帰宅しましたが、やっぱり旅は楽しい。
家族で行けたらもっと良かったけど、この週末は、パパも息子も別の場所で楽しんだので良しとしましょう。

 

読んだよー!でクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村





手作り作品販売中。オーダーおやすみ中。






トラコミュ
すっきり暮らす